golf-girl

ゴルフの飛距離アップの秘訣は脱力にあった・・

ゴルフのドライバーショットで飛距離を出すために重要な要素としてあげられるのがヘッドスピードアップです。

みなさんは、コンペのドラコンがかかる一打を迎えた時はどうされるでしょうか?

恐らく、「飛ばすぞ~!!」とギンギンに力んでボールを潰しにいくようなスイングになるのではないでしょうか?

 

この時のグリップの強さはどうなっているのかというと、理想のグリップの強さの5倍以上の強さになっているのです。

 

このような強さで何かを握ってみてください。

腕の筋肉が硬くなるのが解りますよね!

 

その状態では、腕からクラブまで一本の鉄の棒のようになってしまい、よほどうまく体を使わない限りは、シャフトのしなりを使うことが出来ずに飛距離を出すことが難しくなります。

 

 

軽く握ってこそのビッグドライブ!!

一度グリップのプレシャーを解いて、腕を真下に下げた状態で、自然にクラブを左手から握ってみましょう。

 

この時の左手のグリップが一定になるように確認してから打つだけで飛距離も方向性もアップが望めます。

 

私の知り合いのレギュラーツアーのプロも「グリップをアバウトに考えるアマチュアが多い」、「スイング途中にあれこれ考えるよりは、止まっているときに出来ることをチェック!」と言っていますよ。

 

腕の力を抜いて軽く握ったグリップは、ヘッドスピードを上げることにつながりますし、スライスなどのミス撲滅の特急券なのです。

 

ゆるゆるグリップでスライス撲滅!

 

軽いものでスピードを体感!

飛距離アップにはグリップのプレッシャーをかけずに、腕を鞭のように使ってヘッドを加速させることが必要です。

 

ドライバーのヘッド側のシャフトを左手一本で握ってスイングしてみましょう。

 

軽いので、ビュン!と振ることが出来ますよね。

試しに強く握ってスイングしてみると、思ったようなスピードが出ないというのが解ると思います。

 

テレビの通販などで紹介されている「スピードウッシュ」というヘッドスピードアップのゴルフ練習グッズがありますが、これも軽いものをビュン!と振って、そのスピードを体感することが目的のグッズです。

 

また、しなりを感じられる「1SPEED ワンスピード」という スイング練習グッズは、クラブのシャフトが「しなって戻る」ということを体感しやすいように設計されていますが、これも練習の際はグリップを強く握っては効果がありません。

 

これらのグッズは、ヘッドスピードアップに最適ですが、「グリッププレシャーを強くせずに振る」ということを心がけて練習することが重要です。

 

バットのような重いものでの筋力アップと、腕の力を利用せずにヘッドの重さを利用して振ることを身に着けて、クラブの反対を持って片手でビュン!と振ってスピードアップを体に記憶させましょう!

 

ゴルフの上達には、ただ練習場でボールを打つのではなくゴルフの正しい練習方法を知り、それを毎日自宅でも出来ることを10分間でも繰り返して体に覚え込ませることが近道です。

 

ドライバーの安定したスイングも、正しい練習方法を取り入れて、最速で最大の飛距離を手に入れましょう!

もちろん、巷で話題のゴルフスクールに通って、短期間で上達するという裏技もあります。

 

注目は、立川高島屋SCの『ライザップゴルフ 立川』です。最先端のシミュレーションマシンが凄いと話題ですよ。